ギター初心者が見落としがちな上達へのポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

初心者が見落としがちなポイントがある

ギターを始めたばっかりのころは、コード一つ押さえるのに精いっぱいです。

そのためギター初心者はコード一つ押さえられただけで感動しがちです。(かく言う私もそうでした。)

しかし、ギターはコードを押さえる意外にも注意しなければいけないことがたくさんあります。

そういったことを意識しないで練習すると非効率になりますし上達を妨げる原因にもなります。

初心者の方は以下のポイントを見落としてないか確認してみてください。

初心者が押さえるべきポイント

1 姿勢が悪くなっていないか

初心者の人は押さえる手を何度も確認しながら練習するため姿勢が悪くなりがちです。

最初はしっかり目視しながら押さえるのも必要ですが、一度押さえ方を確認したら手元を見るのは最小限にしましょう。

これをしないとギターがやっと弾けるようになった後に姿勢を矯正するという作業を行うハメになります。これはギターの上達には遠回りです。

特に将来、人前で演奏することを想定している人はステージに立つときと同じ姿勢で練習することを忘れてはいけません。普段は座って手元をのぞき込んで練習してた人が、急にステージ上で立ってお客さんを見ながら演奏してもいつも通り弾くことは困難です。

姿勢の良い人は姿勢を悪くしてもギターを弾くことはできますが、姿勢の悪い人が姿勢を良くすると途端にギターが弾けなくなります。姿勢の良さはギター上達には必須です。

2 リズムが合っているか

音楽の三要素は「リズム・メロディ・ハーモニー」です。つまりリズムは音楽にとって必要不可欠だということ。

初心者はコードチェンジに手間取ったり、ストロークが安定しないためリズムが崩れがちです。

また、脳内のリズムを頼りにすると一曲の全体を通してリズムを安定させることが難しいです。(サビや間奏だけ早くなったりすることが多い)

こうならないためにも練習の際にはメトロノームを使ったり、本物の音源に合わせて弾くなどの工夫が必要です。

一度自分の演奏を録音してみてリズムがよれてないか確認してましょう

3 弦が錆びていないか

初心者はギターのメンテナンスを怠りがちです。特にギターの弦を替えずに錆びまくったビシャビシャの弦のまま練習している人は本当に多いです。

これは絶対やめましょう。本当にデメリットしかないです。

まず、音程が合わなくなります。弦の一部分だけ錆びがついたり腐食するわけですから当然ですよね。

音程が合わないギターで練習し続けると音感が悪くなりますからやめましょう。

そして弦の錆びはギター本体にも良くないです。フレットに錆がうつったり、フレットが削れやすくなったりします。

フレットというのはデリケートな部分であるため交換するのに数万円します。

こんな痛い出費を避けるためにも弦交換は定期的に行いましょう。

弦交換が面倒な人には「コーティング弦」という錆びにくい加工がしてある弦がおすすめです。普通の弦の数倍は長持ちします。

4 爪はちゃんと切ってあるか

ギターを弾くときはフレットを押さえる手の爪をしっかり切っておかないといけません。

爪が伸びていると爪が指板に当たりうまく押さえることができません。またそのまま弾き続ければ指板が削れる原因にもなります。

ギターを弾くときは深爪気味なくらいがちょうどいいです。

まとめ

いかがでしたか。見落としていたポイントがきっとあるはずです。

こういったポイントをしっかり押さえたうえで練習を進めていければ、あっという間に上達しますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする