ギターのFコードの簡単な押さえ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Fコードは難しくない!

ギターのFコードが弾けなくて困っているそこのあなた!諦めてはいけません!

Fコードといえばギター習得の最初の難関とも言われていますね。

人差し指で1弦から6弦まで一気に押さえなければならないため上手く押さえられない人が続出します。

ここで諦めてしまうとギターがただのオブジェになったりハードオフで売り飛ばされることになるのですが、そうはさせません!

ハードルが高すぎるなら低くすればいい!というわけで、今回はFコード簡単攻略法を紹介したいと思います!

手が大きい人にオススメ!握りこみ型

Fコードを難しくさせている原因のひとつが一本の指で複数弦を押さえるセーハ(バレー)です。

難しいんだったらやらなきゃいいじゃん?ということでオススメしたいのがこの押さえ方。

押さえる箇所は同じですが、ご覧のように6弦の1フレットを親指で押さえています。

このやり方なら人差し指は1弦と2弦のみを押さえればいいので楽です。

この押さえ方に問題点があるとしたら「手が小さいと親指が届かない」という点です。

ですが手が大きい人やネックが細いギターを使っている人にはこの押さえ方は非常にオススメです。

最悪、6弦が押さえられなくても無視するという手もあります。勢いで誤魔化すのも実力の内です。

一番簡単な方法!Fコード簡略化

セーハもできない、握りこみもできない人にはこの方法をオススメします。

この押さえ方なら指3本で押さえることができます。使う弦は2、3、4弦のみです。

この押さえ方を覚えるまえに、まずはFコードについて説明したいと思います。

コードとは日本語で言い換えると和音ということになります。和音とは複数の音が組み合わさったものという意味です。

ではこの場合のFコード、正確に言うとFメジャーというコードは何の音が組み合わさってできているか知っていますか?

FメジャーはF,A,C。言い換えるとファ、ラ、ドが組み合わさって出来ています。

勘の良い人はもう気づいたかもしれませんね。

そうです。ファ、ラ、ドが組み合わさってFメジャーになるのだからファ、ラ、ドを一個ずつ押さえればいいんです。

その押さえ方がこちらです。

人差し指、中指、薬指で2~4弦を押さえ、その弦のみを弾きます。

4弦がファ、3弦がラ、2弦がドです。ルート音もFなので正真正銘Fメジャーです。

1弦は人差し指の腹でミュートしてもいいですし、そのまま1フレット目を押さえてファの音を鳴らしても問題ありません。5弦と6弦は親指の腹でミュートするのをオススメします。

このように無理して6本の弦を押さえなくても必要な弦を押さえればFコードを弾くことは可能です。ぜひチャレンジしてみてください。

セーハはそのうち出来るようになるよ!

これらの押さえ方はあくまで「その場しのぎ」といいますか、とりあえずFの音は鳴らせるための方法です。

この押さえ方があるからセーハ出来なくてもいいやーとは言わずにセーハの練習も気が向いたときにぜひやってください。

やはり初心者の人がいきなりセーハするのは難しいですが、何日もギターを弾き続ければその内コツがつかめてセーハ出来るようになりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする