ファッションに興味のない人間が簡単にオシャレを手に入れるコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ファッションに興味がなくてもオシャレにはなれる

ファッションに全然興味がない人は結構多いと思いますが、そういう方は皆さん「自分はオシャレにはなれない」と思っていませんか?

それは大きな間違いです!オシャレになるのにファッションに詳しい必要はありません

オシャレになるのにファッション雑誌を読み漁ったり、ブランドに詳しくなることは必要条件ではないです。逆に、ファッションに詳しいけどどうもオシャレには見えない・・・なんて人もゴロゴロいますよね。

オシャレな服を着ればオシャレになれるわけではない

オシャレになりたくてファッション雑誌や流行の受け売りで服を選んでしまうと痛い目を見る場合があります。

それは服が「似合わない」場合です。

これはとても致命的です。服が似合わないとき何が起こるかというと、「服と着ている人のどちらもダサく見える」ということです。

ここを乗り越えればオシャレになることができます。

似合う服を着ればオシャレに見える

オシャレに見えるポイントは「似合う服を着ること」です。

何パンが流行っているとか流行色はなんだとか知らなくてもいいんです。ただ自分に似合う服を選ぶことさえ出来れば、あなたもオシャレの仲間入りです。

ただこの似合う服を選ぶのが難しいわけです。自分では「これいいじゃん!」なんて選んだものが、後で人に見せると「何それ、似合ってないよ・・・」なんて言われて落ち込んだことあると思います。

似合う服を選ぶにはコツがあります。それをしっかり押さえれば簡単に似合う服を選ぶことができます。

ここからはそのコツを紹介します。

まずは似合う色を知ろう!

服のもっとも重要な要素がです。これが似合わなければ絶対に服が似合うことはありません。

人にはそれぞれ似合う色というものがあります。いわゆるパーソナルカラーというものです。

このパーソナルカラーはその人の肌の色髪質などを惹き立て、その人を魅力的に見せてくれる効果があります。

無料でパーソナルカラーの診断ができますので早速やってみましょう。

簡易パーソナルカラーチェック

他にも検索すると色々な無料診断サイトが出てきますので気になる方は試してみてください。

さあ、パーソナルカラーは分かりましたか?それがあなたに似合う色です。

今度からその色の服を意識して着ましょう。

色なんかで何も変わらないよ・・・と思うかもしれませんが、似合う色かそうでないかで印象はとても変わります。

こちらをご覧ください

顔色が全部違って見えませんか?上の方はパッと明るいですが、下は暗い印象ですよね。(吉田羊さんに似てるところはスルーしてください)

これ別に下の方が色が暗いから顔も暗く見えるという単純なものではないんですよ。パーソナルカラーが秋や冬の人は試してみると分かりますが、上の色だと顔色が悪く見えます。逆に下の色だと顔色が良く見えます。

このように身につける色で顔の印象は大きく変わるんです。また人によってその色も変わってくるわけです。

お店で似合う服を選ぶコツ

パーソナルカラーを知ったら今度はお店で服を選ぶわけですが、ここでも大事なコツがあります。

このコツを押さえるだけで似合う服を選ぶのが簡単になりますから試してみてください。

顔と服、どっちに意識が向くか

まず、服を合わせてみてください。試着でも、身体に当てるだけでもいいです。

このとき、意識が自分の顔(あるいは全体)に行くかに行くかを確かめてください。

顔に行く服は似合っている服です。服に行く場合は似合ってません

似合う服というのはあなたの魅力を惹きたてるわけです。決して服が主役ではないのです。

そのため着ると服が全体にうまく馴染み顔もしくは全体に意識が向きます。

逆に似合わない服だと、服があなたの魅力を損ない、バランスを壊します。

そのため服だけに意識が向いてしまい、服が全体から浮くということになります。

このコツはとても重要ですから押さえておきましょう。

もし、自分で判断しかねる場合は単刀直入に似合っているかどうか他人に聞けばオーケーです。

まとめ

オシャレというのはその人の魅力を惹きだすものであって、決して服をたくさん持ってるとかブランドに詳しいとかいうことではありません。

みなさんも自分に似合う服を見つけて、自分のスタイルというものを確立しちゃいましょう!

そうすればファッションのことは知らなくてもオシャレになれますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする