体重だけ気にしても痩せない。ダイエットするときに筋トレをすべき理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

workout-woman

ダイエットするとき筋トレもしてますか?筋トレせずに一生懸命走ってる人やご飯を我慢してる人がいますが、正直筋トレをしないダイエットなんかあり得ないです。というかこれを読めば筋トレせずにはいられなくなります。

え?別にムキムキになりたいわけじゃないって?まあまあそう言わず。

ダイエットって体重を減らすことなの?

まず最初に確認したいことなんですが、みなさんのダイエットは体重を減らすことが目的ですか?

「当たり前じゃない。体重が減らなきゃ痩せないでしょ?何言ってるのよ」

と言いたい人もいるとは思いますが、よく考えてください。

皆さん毎日体重計持ち歩きます?

その日会った人に体重計に乗ってもらって「あぁ。貴方は〇〇キロだから痩せてるわね!」とか「おや!〇〇キロもあるじゃないか。痩せた方がいいぞ?」とかやります?やりませんよね?

そうですよね。普通、痩せてるかどうかは「見た目」で判断しますよね。

つまり何が言いたいかというと体の「重さ」にこだわっても意味がないということです。

「でも身体が細くなれば軽くなるんだから、体重減らせば細くなるでしょ!」

確かにそうです。体重が10キロも減ったのに全然見た目が変わらないなんてことはあり得ません。

でももし貴方の目的が「見た目を変えること」なら筋トレをした方が効果があります。その理由を次で説明します。

筋肉は貴方を細く見せる

結論から先に言います。筋肉をつけた方が貴方は細く見えます。

「なんで?筋肉つけたら身体がゴツゴツして大きく見えるでしょ」

いいえ逆です。その理由を説明します。

まず、貴方の身体は主に骨、臓器、脂肪、筋肉などから出来ています。

骨や臓器の量は変わらないですから、貴方の身体の見た目は脂肪と筋肉によって決まります。

ここでちょっと衝撃的なものをお見せします

fat-muscle

これ、同じ重さの脂肪と筋肉です。いやほんと。脂肪の方がだいぶデカいですよね。

つまり、あなたが同じ50キロだったとしても、脂肪が多ければ左みたいにデカく見え、筋肉が多ければ右のようにシュッとして見えるんです

さっき言った通り大事なのは「重さ」じゃなくて「見た目」ですよね?

あなたがその体重のままでも筋肉質だったら、もっとスラッとして見えるんですよ。

ほら、筋肉つけたくなってきたでしょ?

さらに筋肉はエネルギーを消費しますから、筋肉が増えると代謝が上がり太りにくい身体になります。冷え性なんかも改善してくれますよ。

ほら、筋肉のこと好きになってきたでしょ?

ダイエットをすると筋肉が落ちる

「まあそうは言っても自分はそこそこ筋肉あるし、普通にダイエットすればいいや」

と思ってる方に残念なお知らせがあります。実は普通にダイエットをすると筋肉は落ちてしまうんです。

ダイエットをすると、あなたの身体は飢餓状態になります。そこで脂肪を分解しエネルギーとして使ってくれることで痩せていくんですが、そのときに一緒に筋肉も分解してしまうんです。

つまり、筋トレをせずにダイエットをすると、あなたがすっかり痩せたころには筋肉が落ち、太りやすい身体になってしまうんです。

これがリバウンドの原因の一つです。しかもリバウンドすれば前より太く見えるというオマケつき。(トホホ・・・)

だから筋トレした方がいいんです。筋肉が好きじゃなくても。

まとめ

ダイエット時に筋トレが必要な理由、分かっていただけたでしょうか。

筋トレをしなければ、体重は軽くても血色は悪くたるんだ身体になります。

筋トレをすれば、体重は減らずとも血色がよく引き締まった体になります。

どちらがいいでしょうか。見た目を気にするなら筋肉必須です。食事制限よりよっぽど効果があります。

とりあえず腕立て、腹筋、スクワットあたりから始めてみませんか?おすすめはスクワットです。脚の筋肉は身体の中でも大きな筋肉ですから消費カロリーも多くダイエット効果も高いですよ。

photo credit: Edson Hong Women’s Boxing Conditioning Photo via photopin (license)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする