ダイエットには2種類のアプローチがある。ダイエット方法論

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%82%b0

新しいダイエット法が生まれては消えていく…自分に合うダイエットが何なのか分からなくなってしまってる方もいるはず。でもダイエットは大きく分ければ2通りだと言えます。

小手先のダイエット法に惑わされない為にはここをしっかり理解する必要があります。

この2通りをちゃんと意識して、ダイエットの挫折や失敗とおさらばしましょう。

ダイエットには2通り

ダイエットは大きく分けて以下の2通りになります。

①生活の改善

まずは生活の改善です。ご飯を減らしたり運動をしたりといった「皆さんがイメージする一般的なダイエット」がこちらに当てはまります。

要はカロリーを摂りすぎだから減らせってことです。肥満体系で明らかに太っている人は絶対にこれをやりましょう。生活の改善は不可避です。

しかし生活の改善は必要不可欠である一方、続けるのが難しいというデメリットがあります。また、元の生活に戻れば100%リバウンドします。(これがコワい!)

生活改善しても、その生活を続けることができなければ意味がないということです。

そもそも世の中には不可抗力も多いですよね。人付き合いでどうしても食べなきゃいけないこともあるでしょう。忙しくて運動なんかする暇もない人もいるでしょう。

生活の改善にはある種の限界があるわけですね。じゃあどうすんの?他に何があるの?っていう人に意識して欲しいのが次になります。

②体質の改善

もう一つのアプローチが体質の改善になります。同じ生活をしていても太りやすい人、痩せやすい人がいますよね。それは体質が違うからなんですが、「体質って生まれつきでしょ?」って思いますよね。確かに遺伝で決まる部分もありますが自分で変えられる部分ももちろんあります。

体質改善というのは体の代謝を上げること、具体的に言えば筋肉を増やす、体温を上げるなどが当てはまります。

筋肉を増やすと基礎代謝が増えます。ダイエットでリバウンドするのは痩せるときに一緒に筋肉も落ちてしまうからです。筋肉をしっかりつければ日常の消費カロリーが増えて太りにくくなります。

体温を上げるのも同様です。体温を上げるには脂肪を燃やす必要があります。基礎代謝を上げ、平熱を上げれば、日常で消費するカロリーが増えます。

生活の改善に限界が見えたらこの体質の改善を行いましょう。同じ生活をしてても消費するカロリーを増やせれば、長いスパンですが確実に痩せていきます。ダイエットの効果が出にくい、すぐ太ってしまうなんて人にも体質の改善が効果的です。

生活改善したけど体重が減らない、またはある段階で体重が減らなくなってしまうのは体質が痩せにくい体質になってしまっているからです。こうなると生活の改善だけでは限界があります。体質改善はそんなダイエットに行き詰まった人の背中をもう一押ししてくれます。

これを踏まえたダイエットのやり方

以上のポイントをまとめるとダイエットの基本は以下のようになります。

まずは生活を見直しましょう。明らかにカロリーの摂りすぎだっていう人は今の生活を変えましょう。一度自分の食事の総カロリーを計算してみましょう。

生活改善が困難な人や生活改善してるけど痩せない人は体質を改善しましょう。方法は色々ありますが1番手っ取り早いのは筋肉をつけることです。筋トレをしましょう。

もちろん、本気で痩せたい人はどっちもちゃんとやれば確実に痩せますよ。

まとめ

色々なダイエット法がありますが、そのダイエット法は生活改善なのか体質改善なのか意識して取り入れましょう。(もちろん、中には生活改善と体質改善の両方の性質をもったダイエット法もなんかもあります。)

大事なのは新しいダイエット法に飛びつく前に、そのダイエットがどんなダイエットなのか続けられるのかどうか即効性があるのかじっくり効果がでるのか、しっかりと見極めることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする