第一印象を良くしたいなら自分のパーソナルカラーを知ろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

pak88_iroenpintuyoko_tp_v

みなさんは服を買うとき、服の何を見て決めますか?

大きさ?

デザイン?

色?

値段?

もちろん全て大事ですし、これら全て含めて判断しますよね。

では服のを選ぶとき、どうやって選びますか?

自分の好きな色?パッと見て気に入った色?他の服に合わせた色?

そうやって選んでもいいですが、もしかしたらその服はあなたに似合っていないかもしれません。さらに、似合ってないどころかあなたの魅力を半減させてしまっているかも。

僕自身も始めは自分の好きな色を選んでました。黄色とかオレンジが好きなんですが、暗い地味な色や深くて渋い色を着ると自分も地味に見えるんじゃないかと思って明るい黄色とかオレンジを選んでたんです。ですが実際は逆効果だったんです。明るく爽やかな色は僕の印象を暗く見せていたのです。

実は人にはパーソナルカラーというものがあり、その色のものを身につけるとその人は魅力的に見えます。逆にそうでない色のものを身につけると魅力が損なわれてしまうのです

このパーソナルカラーは別に占いやらでいい加減に決まるものでは決してなく、色彩学というものによって選ばれます。近い色同士は馴染みますし、遠い色同士はお互いを引き立たせますよね。下の図だと左の方が目立ちますよね。これが色彩学です。

%e8%89%b2%e5%bd%a9

人はそれぞれ、肌や髪や目の色が異なります。また輪郭や表情や髪型まで人それぞれです。そういった個人の特徴に合わせ、その人の魅力を最大限引き出す色がパーソナルカラーなんです。

そんなパーソナルカラーには4つのタイプがあります。様々な色がそれぞれ春夏秋冬、季節によって振り分けられています。

e1459340317679

春と秋は黄色ベースで温かみのある色で

夏と冬は青色ベースで冷たい色。

また、春と夏は薄く爽やかな色で

秋と冬は濃くしっかりとした色。

イメージしやすいように例をあげると、肌が白く髪が黒々と艶がある雪女のような人がいるとします。その人には冬のパーソナルカラーのような青ベースの濃い色が似あうということになります。

ちなみに僕のパーソナルカラーは秋なので、例えばさっき僕は黄色やオレンジが好きだと言いましたが、春や夏に含まれるような明るく薄い黄色ではなく、からし色のような黄色を選べば良かったということになります。

実際、パーソナルカラーに合わせて服の色を選ぶと周りの反応はかなり変わります。

僕はシンプルに「似合うね」とか「オシャレになったね」と言われるようになりました。

ただ、このパーソナルカラーのシーズン分けは必ずしも1人1シーズンとうまく分けられるとは言えません。

人によっては2つのシーズンが混ざったり、特定のシーズンの特定の色だけ似合うとか似合わないとかも有り得ます。

それでも、自分のパーソナルカラーの傾向がなんとなくわかるだけで服の色選びでミスをすることば格段に減ります。

着てる服の色によって血色がよく見えたり、表情が映えて見えたりすることで第一印象がグッとアップするとしたらぜひ取り入れたいと思いませんか?

それではここからパーソナルカラーを知る方法を紹介します。

簡易パーソナルカラー診断

ネットで「パーソナルカラー 診断」などと検索すればすぐに出てきます。

自分の容姿に関するいくつかの質問に答えることで、あなたのパーソナルカラー診断します。

何個か診断を受ければあなたのパーソナルカラーの大体の傾向が分かります。

例えば、「ほとんどの診断でパーソナルカラーは夏となる」とすれば、あなたのパーソナルカラーはほぼ間違いなく夏でしょう。

「秋と診断されることもあれば、冬と診断されることもある」となれば少なくとも春と夏は自分のパーソナルカラーではないことや、秋と冬どちらも似合う可能性があるということなどが分かります。

ですが、やはり「簡易的な診断」でしかないので、診断の結果が必ずしも信用できるとは限りません。

診断によって結果が変わったり、詳細な診断ができないなど、この簡易診断に全信頼を置くことは難しいでしょう。

また、簡易診断では自分の容姿に関する質問に答えなければならないのですが、自分の容姿の判断が間違っている可能性があることも考慮しなければなりません。

「自分では色白ではないと思っていたけど人と比べたら色白な方だった」とか、「自分の髪色は明るい方なのか暗い方なのか分からない」などはよくあることです。

簡易診断が全く当てにならないとは言いません。むしろ十分参考にできるものと言えます。しかし、うまくいかない可能性があることも考慮したほうが良さそうです。

プロの診断を受ける

確実に自分のパーソナルカラーを知りたい!という人はプロにお願いするのが1番です。

プロのコーディネーターやコンサルタントの方が対面であなたのパーソナルカラーを診断してくれます。

実際に様々な色の紙や布をあなたの顔の近くにあて、印象の変化を目の当たりにしながらパーソナルカラーを探っていくのでより詳細に、そして確実にあなたに似合う色を診断できます。

先ほどパーソナルカラーは4タイプと言いましたが、より細かい16種類に分けた中からパーソナルカラーを選んでくれるところもあります。

診断をしてくれる主な場所はサロンや百貨店などです。サロンは大体1~3万円程度、百貨店は数千円程度が相場のようです。サロンは多少お値段は張りますが、しっかり時間をかけて診断してくれますし自分のイメージを伝えればそれにあった色を選んでくれたり相談しながらコンサルしてくれます。ですから決して割高ということはありませんし、ちゃんと信頼のおける人、相性のいい方を選んで診断してこれ以上のものはありません。

一方百貨店のほうはサロンよりは短い時間・割安な価格で診断してくれます。百貨店の方はアクセスもしやすく気軽に行けるなどのメリットがあります。値段もサービス内容もピンキリといった印象ですが、しっかりと専門のスタッフを構えていて評判もいいところを選べば十分に満足できます。

どちらも利用する際は要予約ですがどちらも人気のあるところは予約をとるのも一苦労です。ネットで予約できるところであれば逐一確認して空きがあるか確認するなどが必要です。

おわり

いかがでしたしょうか。まずは簡易パーソナルカラー診断をしてみませんか?なんとなく傾向は分かってくるかもしれません。

有料のパーソナルカラー診断はハードルが高いように思えますが、一度自分に似合う色や服が分かれば一生役に立ちます。

営業や人と対面する仕事をする人は第一印象が命ですから、これだけで印象が良くなると思えば、はるかに価値のある投資になります。

ビジネスシーンに合わせて自分が相手に与えたい印象を演出できる色づかいを教わってみるといいと思います。

最後に、服の色が似合っているか似合っていないのかを自分で判断する簡単なポイントを紹介します。

服を着て鏡を見たときに、全体あるいは顔に目が行く場合は似合う服です。服と人間が調和して全体がなじんでいるということです。

逆に服が浮いている場合や服に目が行く場合は似合わない服です。これは結構簡単に分かります。似合う服と似合わない服を比べると一目瞭然です。

重要なのは服があなたを引き立てるのであり、あなたが服を引き立てるのではないということです。似合わない服を着ると服に印象を持っていかれます。あなたの印象を高める服を着ましょう。あなたが輝けば、着ている服も自然と輝いて見えますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする