水シャワーは最強の健康&美容法だ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

水シャワーの効果がすごい

shower-1502736_1920

水シャワーとはその名のとおり、入浴後に水シャワーを浴びる健康法のことです。

最近、その健康効果スゴイということで注目を浴び、生活の中に取り入れている人が多いそうです。

もちろん僕もやってます。水シャワーをやりだしてから風邪をひくことがほとんどなくなりました。あと体温があがって寒さに強くなりました。

冬でも薄着でいるせいで頻繁に「寒くないの?!」と聞かれますが寒くないんですよ本当に。涼しいくらいの感覚です。

今回はそんなスゴーイ水シャワーの効果とやり方を紹介したいと思います。

水シャワーの効果

身体が温まる

水シャワーなんかしたら身体は冷えてしまいそうですが、むしろ身体はポカポカと温かくなってきます

身体の表面に水がかかって冷えると、身体は熱を逃がさないように皮膚近くの血管を細めて体温を閉じ込めようとします。その結果、身体の芯からポカポカと温まってくるわけです。

冬に寒中水泳なんかやっても平気なのはこうした身体の作用があるからなんです。

血行が良くなる

水シャワーをすると心臓がバクバクしますし血管が細くなります。それによって血液は身体中をグングン駆け巡って行きます。

体中にエネルギーを運ぶのも、老廃物を流しだすのも、すべて血液が行っているわけです。つまり血行の良さは健康にダイレクトに影響します

そして血行が良くなればもちろん美容にも効果があります。肌の代謝を良くする効果もありますよ。

頭も冴えてシャキッとしますよ!血色が悪い人はやってみたらどうでしょうか。

ダイエット効果

水シャワーにはダイエット効果もあります。単に体温が上がり心臓がバクバクすることでカロリーを消費するというだけではありません。

実は、人間の脂肪には白色脂肪細胞褐色脂肪細胞の2種類があります。

白色脂肪細胞というのは皆さんが想像するような白いぷよぷよっとした脂肪で、取り過ぎたカロリーを蓄えます。

一方で褐色脂肪細胞は名前の通り褐色をしており、身体の一部分にしか存在しません。そして、この褐色脂肪細胞には熱を生み出す役割があり、その時にカロリーを消費してくれます。

水シャワーにはこの褐色脂肪細胞を刺激し活性化する効果があるんです。

褐色脂肪細胞は背中やワキの下などに集中しているので、そこに水をかけることで効果的に褐色脂肪細胞を活性化することができます。

自律神経(交感神経)を活性化

人間には交感神経と副交感神経という二つの自律神経によって身体をコントロールしています。

現代ではこの自律神経にストレスなどで過剰な負荷がかかったり、快適な環境に慣れ過ぎて働きが弱まってしまうなど、乱れが生じやすくなっています。

水シャワーでは交感神経を活発にすることで、副交感神経優位によって引き起こされる身体のダルさや脱力感、倦怠感、それから花粉症のようなアレルギー体質などの改善にも効果があります。

体温・免疫力が上がる

水シャワーによる体温の上昇や血行の改善は免疫力のアップももたらします。

人間の身体は体温が1℃下がっただけで免疫力は30%も下がってしまいます。風邪をひくと熱が出るのは、体温を上げて免疫力もアップさせようとするからです。

このように体温と免疫力は密接につながっています。水シャワーを習慣にすると日ごろの基礎体温も上がりますから、継続的な免疫力のアップも期待できます。

僕も水シャワーをするようになってから寝込むほどの風邪は一度もひいてません。平熱も結構上がりました。

もともと平熱は高い方で36.7度くらいだったのが、この前インフルエンザの予防接種のときに体温計ったら37.5度とか出て、体調は良かったのに「具合悪いの?!」みたいになってめんどくさかったです(笑)

水シャワーのやり方

水シャワーにも色々なやり方があり、人それぞれだとは思いますが、ここでは普段の入浴の際に行える一般的かつ安全なやり方を紹介します。

①まず湯船で温まる

湯船でしっかり温まりましょう。いきなり水シャワーを浴びるのはおすすめしません。

温まってからやる方が効果も高まりますし、いきなり水シャワーをやると身体を冷やし過ぎるリスクがあります。そもそも、いきなり水を浴びるのはキツイです・・・。

少なくともこの後シャワーで冷える分以上は温めるつもりで温まりましょう。

②手や足から水をかけていく

湯船から出たら水を身体にかけていきます。このとき必ず身体の末端からかけていきます。

いきなり胸や首にかけるのは身体への負担が大きいですから絶対にやめましょう。無理をせずゆっくり身体を慣らしていきます。

手の先足の先から順番にかけていきましょう。

③身体の中心に向かって水をかけていく

手や足が慣れてきたら次第に身体の中心へと移っていきます。初めたばかりの人は無理にやらなくてもいいです。

慣れてしまえば胸や背中、頭からかぶっても耐えられますが、慣れないうちは手足にかけるだけで終わりにしても構いません。

それでも十分効果はありますから何日か続けていってから他の部分にかけていきましょう。

まとめ

水シャワーいかかでしょうか。スウェーデンではサウナの後に冷たい湖に飛び込むという健康法がありますが仕組みはこれと全く同じですね。きっと寒い地域ならではの知恵なのでしょう。

人間の身体というのはこのように厳しい環境に置かれたときにそれに立ち向かおうとする力が備わっています。自分の身体と向き合いながら上手くその力を引き出していきたいものです。

みなさんも習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(心肺や循環器系に疾患や不安を抱える方は自己判断で行うことは控え、必ず医師の相談のうえで試して下さい。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする