定番ダイナミックマイク Shure SM58がこもるというのはウソ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

SM58は音がこもると良く言われてるけど・・・

どこのライブハウスにも置いてあり、定番マイクと言われるSM58。

定番と呼ばれる理由としては、価格に対して耐久性や音質、使いやすさなどに優れていることなどがあげられます。

そんなSM58ですが音がこもるという指摘がよくされます。

実際に僕も使ってみると初めは確かにこもる(低音が盛り上がった音になる)印象を受けました。

ですが色々調べてみるとどうやら音がこもるのはマイクのせいではなく使い方の問題だということが分かりました。

そこで今回はSM58を正しく使う方法についてまとめたいと思います。

SM58をこもらせないためには?

アーティストのイメージにだまされない

我々がよく見るアーティスト、特にロック系などではマイクを口の近くに持ってきて歌ったりマイクの頭を手で覆ったりしている光景が一般的だと思います。

ですが彼らがあのようなマイクの使い方ができるのは、高価な機材を使い、高い技術を持ったプロのエンジニアの方が音を調整しているから可能なことなんです。

もし、素人が彼らと同じようにマイクを使って歌っても聴けたものではなくなってしまいます。ですから、正しいマイクの使い方を覚えるというのが大前提として必要なのです。

大事なのはマイクとの距離

カラオケなどでみなさんがマイクを使うときの口との距離は、ほとんどの場合でこぶし一個分もないくらいだと思います。人によっては口にくっつけながら歌う人もいますよね。

SM58でこれをやると間違いなく音がこもります。これはマイクが持つ「近接効果」によるものです。

マイクには近接効果というものがあり、音源がマイクに近ければ近いほど低音が強調された音が録れます。ボーカル用マイクではこれを想定した音作りがされており、それぞれのマイクで適切な距離というものが設定されています。

それではSM58の適切な距離はどれくらいなのかということですが、まずはSM58の使用説明書をご覧ください。

ここに書かれているようにSM58を使い自然な音質で録るには「15~20cm以上離す」ことが必要なんです。

目安としては「こぶし2個分くらい」です。最低でもこれ以上は離して使う事を想定して作られているのです。

やってみると分かりますが「こぶし2個分」というのは思ったよりも距離があります。

そのため、SM58でこもらせないためには正しい発声や十分な声量が求められるというわけです。

↓このくらいの距離感が理想的です。

まとめ

このようにマイクには使い方というものがあり、正しい使い方をしなければ期待するような結果は得られないということです。

これらを踏まえたうえで、SM58を使うときはマイクと口の距離をしっかりとり、十分な声量で歌いましょう。

以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする