始めたばかりのサイトやブログはリファラースパム対策をしっかりしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

リファラースパムとは・・・?

リファラースパムとは近年横行してるスパム行為で、GoogleAdsenseなどのアクセス解析ツールを利用している人にとってはとても厄介なものとなります。

リファラースパムはあなたのサイトにReferral(外部サイトからの直リンクでのアクセス)としてアクセス情報を残していきます。

ここでサイト運営者の心理として「どんなサイトからのアクセスだろう?」と疑問に思います。

これがリファラースパマーの狙いです。これにアクセスしてしまうとウイルスに感染させられたりします。絶対にアクセスしてはいけません。

じゃあこのスパムはアクセスしないように気を付ければ良いのかというと、それだけでは不十分です。

アクセス情報が不正確に

リファラースパムはアクセス情報を残していくので、もちろんアクセス数は水増しされます。

これはアクセス解析の弊害となります。アクセス数が少ない新規サイトならばなおさらです。

ちなみに僕もやられました。

最初は「お、めっちゃアクセス伸びてんじゃん。俺、才能あるのかな?」なんて浮かれてました。

ですがアクセスをよく見るとほとんどがロシアから。

「俺のブログがロシアで流行ってる・・・!?」

なんてことはなく、すべてがロシアからのリファラースパムでした。

これすべてスパムです。

ブログ開設が11月7日ですから開設した次の日にはアクセスされてます。

そしてその後1か月以上にわたりアクセスしてきています。

僕はこれをすべて純粋なアクセスだと思ったわけです。幸いReferralというものを知らなかったのでスルーしていたため被害にはあいませんでした。(アホで良かった・・・)

ブログ始めてから数週間でアクセスが10以上も増えたら自分のこと天才だと思いますよね。でも全部スパムだったわけです。とほほ。

こういうわけですからサイト作ったばかりの人ほど注意が必要です。アクセスが何万もある人は誤差ですから気にする必要ないと思います。

対策法は?

対策法は至ってシンプルですが、GoogleAdsenseのフィルター機能を使います。

フィルターでスパムのアクセスのみを除外すれば全て解決です。

ここで注意して欲しいのがフィルターのかけ間違いです。

僕はフィルターをミスって2週間ほどアクセスが0になってしまいました。

日本以外からのアクセスを全て除外しようと思ったんですが「Japan」と入力するところを「日本」と入力してしまい、すべてのアクセスを除外してしまったんです。

入力は正規の表記で行いましょう。(反省)

今はアメリカなどからも僅かながらアクセスがあることが分かったので日本以外を除外するやり方はやめました。(スパムじゃないですよ!ちゃんと検索から来てくれている人です)

現在はスパムの元であるロシアからのアクセスのみを除外しています。(入力は正しくRussiaと行いました)

フィルターのかけ方は国指定以外にも、ドメイン指定など色々あるので自分にあったやり方で行いましょう。

まとめ

ぶっちゃけ、スパムでもアクセス増えるだけ嬉しいよね。

それにしても、おそロシア。(ロシアのサーバーを経由しているだけで、ロシア人ではないかも)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする